【解決!】格安SIMに切り替えて通信できなくなった DMM mobile編

格安SIMにしたら、スマホの動きが遅くなった!?

私は以前、ドコモの回線でスマートフォンを使っていましたが、今年になって格安の毎月500円という基本料金で使用する事が出来るDMM mobileにスマートフォンのプロバイダーを乗り換えました。
スマートフォンの本体も格安の最新スマートフォンに交換して、いざ運用開始、となったのですが、MVNOを使い始めた時に、「スマートフォンの本体のメモリが不足してしまい、アプリがもっさりとした動作になってしまう」というトラブルが発生してしまいました。

あのアプリの停止をしたら改善!!

格安の最新スマートフォンをドコモから乗り換えたMVNO回線で運用を開始した時に、「スマートフォン本体のメモリーが足りずにアプリケーションの動作がもっさりとした遅い動作になってしまう」という症状に見舞われた私でしたが、インターネットで解決法を調べた結果、「スマートフォンのメニューから環境設定で「バックグラウンドアプリの停止」と「メモリの解放」で不要なアプリケーションのバックグラウンドでの動作の停止とメモリの解放を行うようにしたところ、それまでもたついて遅かったアプリも以前よりも速く起動するようになりました。

低速モードでストレス無く使えるアプリ

格安スマホの選び方で重要なポイントはこれ!!

私は今回、格安のMVNOでデータSIMプランの最安値である500円という運用金額でDMM mobileの運用を開始したのですが、最新だからと無条件に選んでしまった格安のスマートフォンが2GBというメモリの仕様だった事から、スマートフォンのアプリを開く際の起動の遅さなど、動作の遅さを感じる結果となってしまいました。
この為、これから格安MVNOでデータSIMメインでの運用を検討している人にアドバイスするとすれば、「出来ればメモリは4GB以上のスマートフォン」を購入した方が後々メモリ不足で困る機会は少なくなりますよ、という事をアドバイスしたいと思います。

格安SIMに切り替えて通信できなくなった mineo編

マイネオにしたら、まさかの電波を掴まないトラブル発生!

最近CMや電車の広告でも、格安SIMをよく見かけるようになりましたね。私も、流行りに乗って格安SIMに乗り換えてみました!ちょうどAUとの2年契約も切れるタイミングで実行したのでなんのトラブルもなく引っ越してこられたのですが、使い始めて1か月も経たずに、トラブルが起きたんです。それは携帯必須の現代社会において致命的な、携帯が繋がらないという現象。何度電源を入れ直しても電波が回復しないのです。その日は電車に乗ってちょっと遠くまで遊びに来ていたので、出先のショップ情報も検索できないし、LINEもできない、携帯からトラブルの原因を調べようにもネットが繋がっていないので本当に困りました。

そんな電波が届かないトラブル、こうやって解決!!

帰宅してから契約会社のmineoに問い合わせてみましたが、再起動してみてください、それでだめなら携帯が壊れている可能性がありますので有料ですが同じ機種をお送りしますと言われてしまいました。少し前にAUに修理に出して新しくなったばっかりの携帯だったので、壊れているはずはないと思うのですが。仕方ないのでPCであれこれ検索していると、なんと私の使用している GALAXY S5 SCL23 という機種は不具合が確認されているらしいのです。ネットで同じ目に遭っている方が復旧方法を書いてくれていたので無事に使えるようにはなりましたが。

マイネオにするなら、事前にこれを調べておいて!

格安SIMに乗り換える時には自前の携帯を使う方が多いと思います。でも乗り換える前に本当にこの機種は格安SIMでも問題なく使えるのか、ネットで検索したほうが良いですよ!有名機種だからって必ずしも使えるわけではないみたいです。キャリアによっても対応している会社とそうでない会社もありますし、SIMの設定自体は自分自身でしないといけませんから、少し格安SIMについて学んでから利用しましょう。1日でも携帯が使えない日ができてしまうと本当に不便ですよー!